防塵保護具保管庫(PB-06) Background Image
Previous Page  14 / 16 Next Page
Information
Show Menu
Previous Page 14 / 16 Next Page
Page Background

安全にご使用いただくために・・・

⃝ 製品に添付している取扱説明書は、製品の使い方と使用上の注意事項について記載しています。

ご使用前に必ずお読みいただき正しくお使いください。お読みになった後もお使いになる方がいつでも見られるところに保管してください。

⃝ 商品本体や内部に貼ってある表示シールは、絶対にはがさないでください。誤った使い方や事故を防止するためのものです。

取扱説明書・注意事項について

製品の警告・注意マークについて

取り扱いを誤ると、死亡または重傷を負う事が想定される、緊急性の高い危険性があります。

取り扱いを誤ると、死亡または重傷を負う危険な状態が想定されます。

取り扱いを誤ると、軽傷を負うかまたは物的損害が発生する危険な状態が想定されます。

行動の禁止を表す。

行動の指示を表す。

⃝ 製品を安全にお使いいただくための注意事項については、危険・警告・注意マークを表示していますので必ずお守りください。

殺菌ランプ付電気製品を正しく安全にご使用いただくために

機器の分解や勝手な改造は禁止します。分解すると感電・漏電・火災の原因になります。

紫外線(殺菌線)を皮膚に直接当てないでください。皮膚の炎症や障害をおこす原因となります。

不安定な場所や燃えやすいものの近くでは使用しないでください。倒れてケガをしたり火災の原因となります。

点灯中のランプは直接肉眼(裸眼)で見ないでください。紫外線により目の痛みや視力障害をおこす原因になります。

▪ 装置は屋内用です。雨や水滴のかかる状態や湿度の高いところでは使用しないでください。漏電や故障の原因となることがあります。

▪ 振動や衝撃の激しい所では使用しないでください。転倒や接触不良による短寿命の原因となることがあります。

▪ 紙や布で覆ったり、引火する可能性がある雰囲気中(ガソリン ・ 可燃性スプレー ・ シンナー ・ 粉塵など)では使用しないでください。火災や爆発の

原因になります。

▪ 塩分 ・ 酸・アルカリなどの腐食性雰囲気の所では使用しないでください。 漏電や故障の原因になります。

▪ 回転中のファンモーターに指や手などを近づけないでください。接触によりケガの原因となります。

▪ アース線が付属している製品は、必ずアースを接続してください。火災や感電の原因となります。

▪ 電源を接続する際は、取扱説明書にしたがって確実におこなってください。接続が不完全だと、接触不良により火災の原因になります。

▪ 電源電圧は定格電圧(AC 100V)で使用してください。電源電圧が低いとランプが点灯しません。電圧が高いとランプの短寿命の原因になったり、

電機部品が加熱して発煙 ・ 発火の原因になることがあります。また大きな電圧変動も機器に不具合が生じる可能性があります。

▪ ランプの交換は手袋等を使用し、素手で触れないでください。汚れが付着しランプ性能が低下することがあります。

▪ ランプの取付は、ソケットに確実に差し込み、ホルダーに確実に取り付けてください。取り付けに不備があるとランプが外れたり、接触不良によ

る発熱、発煙の原因になることがあります。

▪ 指定された専用ランプ以外は使用しないでください。また殺菌ランプは他の器具では使用しないで下さい。故障の原因になることがあります。

▪ 点灯を頻繁に繰り返す使い方をすると、ランプの特性として寿命が短くなります。

▪ 点灯中や消灯直後は、ランプが熱いので手や肌で直接触れないでください。ヤケドの原因になることがあります。

▪ ランプは落としたり、物をぶつけたり、無理な力を加えたり、キズをつけたりしないでください。割れてケガの原因になることがあります。

▪ ランプに塗料などを塗らないでください。ランプが過熱して破損の原因となることがあります。

▪ ランプの使用温度範囲は、通常の作業環境温度付近です。周囲温度が高温または低温の場合、ランプ不点灯やチラツキの原因になります。

▪ 使用済みのランプは割らずに廃棄してください。割るとガラスの破片が飛散し、ケガの原因になることがあります。

▪ 装置の性能を維持するために、定期的に清掃や装置の点検をしてください。

設置工事の際やランプの交換・清掃のときは、必ず電源プラグを抜いて電気を切ってください。電気が通じていると感電の原因となります。

万一、煙が出たり変な臭いがするなどの異常状態の場合は、そのまま使用を続けると火災や感電の原因となります。

異常の時は、すぐに電源プラグを抜いて異常状態が治ったことを確認して、最寄りの販売店またはお客さま相談窓口にお問い合わせください。

14