Previous Page  6 / 48 Next Page
Information
Show Menu
Previous Page 6 / 48 Next Page
Page Background

6

※ 1)「ZAM」は、日新製鋼株式会社の登録商標です。

 2)「ZAM」は、日新製鋼株式会社が開発した溶融亜鉛 Zn- アルミニウム Al- マグネシウム Mg 合金めっき鋼板の商品名です。

ZAMR鋼板

◆亜鉛―アルミニウム 6%―マグネシウム 3% のメッ

キ層を持つ、溶融亜鉛めっき鋼板です。

◆塗装と併用して使用することで、

ボンデ(電気亜鉛

めっき)鋼板に対して約 10 倍の耐食性

を得られます。

◆「長寿命化が図れる」「少ないめっき付着量で高耐食性

が得られる」という特徴をもった省資源対応の環境に

やさしい鋼板です。

◆野外で使用される防護壁やガードレールといった建築

用資材から、空調資材・コンテナといった産業機器機

材として使用されております。

◆光葉スチールでは、数多の処理タイプから『ロッカー』

の特性を活かせる「ZP 処理タイプ」を厳選しました。

溶融亜鉛めっき層

亜鉛―アルミニウム 6%

 ―マグネシウム 3%

めっき層

クロムフリー・リン酸処理層

鋼板

ボンデ鋼板

◆冷間圧延鋼板を原板とし、亜鉛めっき処理後に表面に

リン酸塩処理による化成被膜を施した、電気亜鉛めっ

き鋼板です。

ミガキ鋼板に対して、約 13 倍の耐食性

を得られま

す。

◆電気処理加工のため、「めっき層が薄い」「高い加工

性」「塗膜の付着性がよい高耐食性」という特徴を

もった鋼板です。

◆大型な自動車や船舶などから、通信機器・コンピュー

タ部品といった精度を必要とされるものまで、使用さ

れております。

◆塗膜付着性が高い特徴を活かし、塗装と併用すること

で、長期間にわたり鋼板を錆から守ります。

めっき層

リン酸塩処理 化成被膜

鋼板

亜鉛

電気亜鉛めっき層

スタンダードタイプでは、現在の製品素材として使用されている〔ボンデ鋼板〕に合わせて、

 新素材として〔ZAMR鋼板〕を使用した製品を取り揃えました。

勤務形態と用途に合わせて、1 交替・2 交替・3 交替用を選択いただけます。

*当カタログにおいて、〔ZAMR〕〔ボンデ〕表記がない製品に関しての主鋼板は、当社標準仕様となります。

 詳細は弊社営業担当者かご相談窓口までお問い合わせ下さい。

製品 素 材 に つ いて

塗 装に つ い て

環境に優しく傷付きにくい“粉体塗装”を採用しています。

粉体塗装は有機溶剤などの有害物質を含まず、溶剤揮発や中毒・引火等、

危険性の少ない塗装です。

粉体塗装は、ロッカー表面に付着しなかった塗装を回収し再使用してい

るため、環境に優しい塗装です。

従来のメラミン塗装に比べ、優れた耐酸性・耐アルカリ性や耐湿性をも

ち、厚塗りも可能です。

従来の粉体塗料より、30% UP(メーカー比)の隠蔽性をもつ粉体塗料を

使用しています。

※ 製品によっては細部にわたるすべてに粉体塗装が使用されているわけではございません。

あらかじめご了承ください。詳しくは当社営業担当者までお問合せください。